geshi info exhibitions artist news

instagram

facebook

geshi

back (index of past exhibition) >

寛白窯
岸野寛 陶展
2019.11.9 (sat) – 11.25 (mon)

桔梗の花を象った瑠璃色の器。
それは野に揺れる花のように、豊かで愛らしいものでした。
器の中で料理はふわりと円やかに膨らみ、 
それでいてしっかりと存在が立ち上がるのです。

焼きものは土から生まれ、いつの日も人々の営みと親しく在ります。
そして、自然を感じ、料理との幸福な関係を望む器は、
私たちの生活を豊かに育んでくれます。
蕾が柔らかく膨らみ、馨しい花を咲かせるように、
岸野さんの生む焼きものは、内からの膨らみを持ち、
土が器となる歓びを香らせてくれるようです。

今展では食の器を中心に、花入、酒器、茶碗も多くお持ち下さいます。
この度も、家庭を担う方、食べること呑むことがお好きな方、
そして食を供する方、ぜひ多くの皆様にご高覧頂き、
生活の歓びを器と共にお届けできますことを願うばかりです。


在廊日 11月9日(土)
閉廊日 火曜 11月8日(金)、11月27日(水) 


陶歴
1975年 京都市精華町生まれ
1994年 京都市立銅駝美術工芸高校陶芸家卒業後、福森雅武氏に師事
2004年 伊賀市丸柱に築窯

2005年 幾一里(京都)にて初個展
2011年 ぎゃらりい思文閣(京都)にて個展
2012年 日本橋髙島屋にて個展
2013年 阪急うめだ本店にて個展
2014年 日本橋髙島屋にて個展
2015年 阪急うめだ本店、松坂屋名古屋店にて個展

2007年、09年、11年、13年、16年 夏至にて個展

美術画廊、古美術店を中心に個展を開催


内面に豊かな実在を宿す古陶に習い、織部、志野、焼締、
粉引など現代の家庭に届く器を作陶
里山での暮らしの中、育つ器、を心に置き、
日本の豊かな自然や食文化と焼きものを繋げている

©2019 geshi