geshi info exhibitions artist news

instagram

facebook

geshi

back (index of past exhibition) < >

Imagine
林友子|平面作品・額縁
2020.5.21 (thu) – 6.1 (mon)
online exhibition open 5.23 (sat) – 6.1 (mon)

彼女は、心の視点を創作しているのだろう。

揺れる樹々や午後の眩い光、風を頬に受け光に手を翳す。
時にその中に立つよりも、窓越しに見る音のない樹々のざわめきや縁取られた光に、
自然の鮮やかさを強く知ることはないだろうか。


林友子さんは木地を芯に、粘土を地層のように幾重にも塗重ね、
平面作品や額縁を制作されている。
色土を重ね銀箔にて化粧をした平面作品は、夜の水面の様に光にゆれる。
壁を縁取る四角い額縁は、溢れる記憶をとどめ、何気ない日常を掬いあげる。
そこには、窓外に見る鮮やかな景色のように、初めて気づく愛おしさがある。


今展は、夏至に度々足を運んでくれた彼女が、
この空間ごと額装してくれるような気持ちでいる。
平面作品や額縁、そして小さな飾りもの。
彼女の作品を通して、この見慣れた木と土の白い空間はどのように映るのだろうか。
みなさまと一緒にその日を愉しみに待ちたいと思う。

平面作品・額縁・小さな造形物




額の中には何を入れてもいいし、何も入れなくてもいい。

 たとえば美しく色づいた葉、手紙、遠い国の切手、子供が初めて描いたパパの顔、等々。

  最後に何も入れない空間を楽しむ。額の中にあるのは余白だろうか。
  記憶や意識の断片からまわる、もう一つの軸への入り口だろうか。

                               林友子


「どなたもどうかお入りください。決して遠慮はありません。
今展は注文の多い工藝店ですからどうかそこはご承知ください」

皆様のご来廊を、心よりお待ち申し上げております。


在廊日 高木崇雄 5月16日(木)
    日野明子 5月16日(木)
閉廊日 火曜 5月15日(水)、5月29日(水)


Profile 女子美術大学 産業デザイン科工芸専攻 卒業
ディスプレイ会社勤務後 家業の高田屋にて木工制作を始める
東京藝術大学・田口安男教授に西洋古典金箔技法の指導を受ける
その後、左官材、箔、木地等を使い、額縁の表現に独学で取り組み始める
現在は額縁を中心に、平面作品や花入れ等の造形作品の制作等も発表



Imagine|林友子展開催につきましてのお知らせ

今展は、みなさまに安心してご覧いただけますよう、
事前予約制にて開催をさせていただきます。
多くのお客様が重ならないよう配慮し、
気持ちよくご覧いただける空間、時間をつくって参りたいと思います。
林友子作品は手触りがあり、その様は空間や時間と共に移ろいでゆきます。
ギャラリーの空間や窓から見る景色が額装される様を体感下さいませ。

また、オンラインにて同時展覧会を開催する予定にしております。
いつか額装したいと思い大切にされているものや、
平面作品を飾りたいと考えていらっしゃるお部屋の空間を想像しつつ、
ゆっくりお選びいただけましたら幸いです。


◉ご来廊予約
5月21日(木)~6月1日(月)(26火は休廊)
11時~18時 各一時間ごと
mail / info@geshi.jp または tel / 026-237-2367 にて
下記お知らせのうえご予約下さいませ。
・ご氏名
・電話番号
・ご希望の日時
当日のご連絡も柔軟にご対応申し上げます。
どうぞご遠慮なくお知らせくださいませ。


◉オンラインexhibition
5月23日(土)~6月1日(月)
artist|online shop よりご覧下さいませ。
ご相談などございましたらお問い合わせくださいませ。



©2019 geshi