geshi info exhibitions artist news

instagram

facebook

geshi

back (index of past exhibition) < >

Illuminate & Fill
照らすと満ちる
金森正起|金属
小澄正雄|硝子
2021.1.1 (fri) – 1.18 (mon)


新しき年を照らし、そして満ちゆくものに。

金森氏の造形物は、のびやかに外を照らすようだ。
鉄は大地のように湿り気を持ち、琺瑯はひとひらの
雪のように親しみ深い。
小澄氏の硝子の空(くう)は、豊かな水に満ちている。
膨らみは柔らかく留まり、その内側には比重の
異なる景色を覗く。

2021年、新たに陽が昇っていく。
陽を受け、その温もりが頬や掌に伝わるように、
この展が生の鼓動を引き戻し、ゆっくりと身体へと
満ちてゆくものとなれば嬉しく思う。



KANAMORI MASAKI
1975 名古屋市に生まれる
2000 鍛冶屋を巡りはじめ
    様々なつくり手を訪ねる中鉄の仕事に出会う
2001 松岡信夫氏(鉄の造形家)に弟子入り
2006 名古屋市に仕事場を持ち建築金物や生活道具
    などを作り始める

門柱やスイッチなどの建築用品から器、造形作品まで、
広い金属の世界を自由に行き来している。へら絞りや
琺瑯といった工業製品加工の世界にある技法を一人
実験し、家庭では余り目にすることのない金属素材を、
食卓に上がる器や道具へと提案している。

KOZUMI MASAO
1979 熊本県に生まれる
2001 富山ガラス造形研究所を卒業
2005 富山県朝日町にて制作
2015 岐阜県に移住し工房を開設

型吹き硝子を主とし、江戸期に花咲いた日本硝子の
美的特性を探求。不純物を内包する硝子を用いた
作品には、日本の持つ閑寂さと奥深さが共に感じられる。
今展では、照明や白硝子に挑戦して下さっている



◉online exhibition
open|1.9sat.11:00-1.18mon.
artist|online shop よりご覧下さいませ。
ご相談などございましたらお問い合わせください。

閉廊日 火曜 1月19日(水)
*1月16日(土)はイベント開催のため休廊いたします

©2019 geshi