geshi info exhibitions artist news

instagram

facebook

geshi

current upcoming past

実在の青
加藤尚子 硝子造形
2024.6.15(sat) – 6.24(mon)

海が好きな加藤は、旅先に島を選ぶことが多い。強い空を
自分とは異なる概念に出会うと、異質なもの怖いものと認
識し、受け入れることが難しい。私はこの異質なものを、
私にとって時別な色であるブルーで現してきた。
しかし、これこそが本質であり取り除くものではなかった
ことに気が付く。一滴のブルーは1筋となり、流れとなり
私の中で大きな存在となっていく。
コントロールできない青い色の動きに驚きと美しさを感じ
るように
それは確かに存在し、純粋に美しく澱みなく、私の前に立
ちはだかっている。
加藤尚子





硝子鋳造にて自身の心象を綴る加藤尚子。加藤にとって
“青”は特別な色である。

海が好きな加藤は、旅先に島を選ぶことが多い。強い空を
一身に浴び、少し濃度のある海水の微睡に包まれる。旅か
ら得る青は懐古、いつかの安らぎへの記憶なのだろう。
反面、青は恐怖の色。白紙に垂らしてしまったブルーのイ
ンクのように、消すことの出来ない異質を象徴するものだ
と言う。

「私はコントロールできない青い色の動きに驚きと美しさ
を感じます。」

一滴のブルーが、広がり、滲み、混ざり、硝子の中に溶け
合う様を、私たちはどう受け取るのか。加藤の硝子作品の
中には、漣のような違和感と光を得た美しさがいつも共に
ある。
そしてあなたの中にも、その両面の青色が実在している。










加藤尚子|鋳造ガラス造形作家
神奈川県横浜生まれ
1996   女子美術大学芸術学部工芸学科卒業
1998-2000 グラスアートクラス代官山講師
2001-   女子美術大学芸術学部デザイン
     ・工芸学科非常勤講師
現在   女子美術大学准教授





作家在廊日 6月15日(土)16日(日) 22日(土)23日(日)
閉廊日 火曜 6月12日(水)13日(木)14日(金) 26日(水)


ただいま企画展はございません
常設展示にて開廊中です

次回の企画展はupcomingをご覧ください

© geshi