geshi info exhibitions artist news

instagram

facebook

geshi

back (index of past exhibition) >


福田敏雄 高田晴之 土田和茂
2024.3.9(sat) – 3.25(mon)



ここに、このご案内を届けられることを幸いに思います。



今展の三方が住まうのは石川県輪島市。元日の大震災に見舞われた
その地であります。彼らも例外では無く、現状を伺えば展覧会はお
ろか、仕事の再開も遠く遠くに思えるものでした。
現在も二次避難先から数時間掛け自宅に戻り、整理をされる日々。
その中でも三人は、いつもと変わらぬ明るい声で話し、漆の仕事へ
の希望を伝えて下さるのでした。

2003年3月に初開催した漆展も10回目。輪島よりいよいよ三者が揃
い、皆で展を迎えることを愉しみにしておりました。
その仕事場には展示のため、仕上がり間近の漆器も多くあったはず
です。それら全てをお届けすることは叶いませんが、出展先や仕事
場で救われた作品があるかも知れない。
10回目より始まる、小さな一歩の記念展です。

彼らから届くメッセージに、涙し、励まされ、喜び合う2ヶ月。北
陸能登半島の地、輪島という美しい土地で育まれた塗りもの文化が
私たちの食卓に、掌に、続いていきますよう。
皆様のお運びをそれぞれの土地よりお待ち申し上げております。





今展での売上は、出来うる限りお三方へお渡ししたいと思います。
お力添えを賜りますと幸いでございます。









福田敏雄
強く優しく使いやすい漆器を探求し、塗りものを我々庶民の手
に戻した功労者の一人。隅々まで行き届いた丁寧な仕事、品が
あり落ち着いた器の姿に愛用者は多い。漆塗りの常に、挑戦し
続けてきたゆえ、漆本来の美しさを知る優しき塗師である。

高田晴之
椀木地職人として有能な仕事をする傍ら、自らの作品を制作。
作品には、実用と共に驚きや物語性が表現されている。轆轤師
としての実直さと業が、作品の独自性と優美さを可能にしてい
る。

土田和茂
日本古来の風習の残る町に暮らし、暮らしの中、古典漆を体感
しながら制作をする。その歴史を辿り、古の漆器のフォルムと
塗りを自身に染み込ませつつ、輪郭が立ち現代性を孕む漆器を
目指す。





閉廊日 火曜 3月6日(水)-8日(金) 27日(水)




© geshi