geshi info exhibitions artist news

instagram

facebook

geshi

back (index of past exhibition) >

七夜月に
浜野まゆみ|陶磁 紀平佳丈|木工
2022.7.7 (thu) – 7.18 (mon)

前回、春分の日より開催した浜野まゆみと紀平佳丈による二人展。今展では季節を移し、
7月7日小暑よりお目にかかります。

浜野さんの絵付けしごとは、四季ととても親しいもの。描かれるは、咲く花の姿や草木の
様、跳ぶ動物たちの生き生きとした景。手本とする四百年前の絵付けを見るとき、心は当
時の職人となると言います。器上に残るは数百年前の自然物と願う暮らしの平穏。
いつかの未来の人々は、浜野さんの描く虎を、草花を、どんなふうに見るのでしょう。

紀平さんは刳りものしごと。木器の姿はますます洗練されてきているようです。刳りもの
の持つ木肌の柔らかさは健在。用途の自由度が上がり、木目、形、装飾、それぞれの相乗
を見事に魅せてくれます。

夏の盛りを迎える小暑より始まる再会の展。この七夜月にどのような食器との出逢いがあ
り、未来人へと繋ぐことが出来ましょうか。
天の川での再会を願いながら、皿上に明日を想うことと致しましょう。





浜野まゆみ
1974 埼玉県川越市に生まれる
1998 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2000 佐賀県立有田窯業大学校卒業
   伝統工芸士秀島和海氏に師事
   李莊窯 寺内信二氏に師事

初期伊万里の憧れの陶磁器を胸に、陶土や技法、紋様、陶工が見たであろう景色、様々に
思いを巡らせ作陶、絶えていた技法、糸切成形にて成し得る豊かな形状、日本画を素養と
した、美しく愉しげな絵付けが魅力


紀平佳丈
1982 愛知県豊田市に生まれる
2006 愛知県立芸術大学彫刻科卒業
   (有)良工房に6年間勤務、木工家具や小物を制作
2012 独立

鑿、鉋、そして自らの手を道具とする、刳りもの仕事を手掛けるその仕上げは繊細で、木
肌は白粉を纏うように優しい 日本の簡素な美しさを、日常の木製品に表現している


在廊日 浜野まゆみ 紀平佳丈 7月7日(木)
閉廊 火曜 7月6日(水) 20日(水)




© geshi