geshi info exhibitions artist news

instagram

facebook

geshi

back (index of past exhibition) >

寛白窯
岸野寛 陶磁
2022.4.9 (sat) – 4.25 (mon)

やきものとは何とも好いものだな、届いたばかりの品を手に取り、そう素直に思う。
数えれば、七回目となる寛白窯岸野寛陶展。器はすっかり我が家の食卓の顔となり、織部向附 は冷奴に、志野皿はおでんに、白釉大皿は天麩羅に、と幾つもの季節を重ねている。静かに鎮 座する焼締蹲壺は、庭の草木をどれほど愉しませてくれたことか。器を見れば食卓の景色を思 い出し、空の壺にも花を想うほど、生活の記憶と共に在る。
岸野は三重県伊賀市にて作陶。家屋の佇まい、床の設え、一日の暮らし方、全てがやきものに 現れ、やきものはまた生活の場へと還っていく。今展のために焼かれた壺や食器を手にし、言 いようの無い感慨を覚えたのは何故だろうか。焼物の歴史や人間の業、そのようなものは静か に隣に置かれ、ただ、好きなこの仕事に精一杯の挑戦をし続けるのみ。そんな無垢で親しみ深 い存在が現れたように感じている。





陶歴
1975年 水墨画家・岸野忠孝の四男としてうまれる
1994年 京都市銅駝美術工芸高等学校陶芸科卒業
    伊賀土楽窯・福森雅武氏に師事
2004年 伊賀市丸柱に築窯
2015年 名古屋・松坂屋にて個展
    東京・瀬津雅陶堂にて個展
2018年 京都・思文閣にて個展
    梅田・阪急にて個展
2019年 日本橋・高島屋にて個展
2020年 横浜・高島屋にて兄弟展

2007年より夏至にて個展
美術画廊、古美術店を中心に個展を開催


内面に豊かな実在を宿す古陶に習い、織部、志野、焼締、粉引など現代の家庭に届く器を作陶 里山での暮らしの中、育つ器、を心に置き、日本の豊かな自然や食文化と焼きものを繋げている


作家在廊日 4月9日(土)
閉廊 火曜 4月6日(水)-8日(金) 27日(水)




© geshi